インテリアコーディネーター【独学】※絶対にしてはいけない勉強法

 

この記事は約5分で読めます。

ようこそ!

インテリアコーディネーター試験は「独学」でも合格できるのか?

そう思っている方にぜひ読んでほしい記事になっています。

 

 

 

先に答えをお伝えすると…

 

独学でも合格できる?
インテリアコーディネーター試験は「独学」でも合格できます。

 

 

しかし!

やり方を間違えた私は、1度インテリアコーディネーター試験に落ちました。

私のように「不合格」とならない為にも、私と同じ勉強法をしないでください。

 

インテリアコーディネーターの「独学」で
私がやってしまった失敗を赤裸々にお教えします。

 

 
独学でも合格した人は何人もいるから大丈夫♪

インテリアコーディネーター【独学】間違った勉強法

インテリアコーディネーター 独学

 

もしもあなたが私と同じやり方をしているなら、今すぐやめましょう。

 

テキストから学ぶ

 

独学となると、こういった教材を買う方も多いと思います。

 

 
もちろん教材も必要です!

 

ただ、テキストを学校の授業のように最初から読み込んでいくと痛い目にあいます。

 

テキストは過去問や問題集を解いたときに、分からなかった問題の解説として読むべきものです。

 

私はただひたすらテキストを読み込んで勉強してしまいました。

 

なぜこの勉強法をしてしまったかというと…

 

知識がないので問題を解いても答えられないと思ったから

 

 
きっと私と同じように思っている方がいるはず

 

問題が解けなくても良いんです。

 

ただ過去問を解いたり、過去問に沿った問題集を解きまくっていると自然と頭に入っていくんです。

 

最初は分からない問題だらけで苦しいかもしれませんが、テキストを読み込むことだけはやめましょう!

 

そしてテキストを読み込みながらやってしまうのがこちら↓

 

ノートにまとめる

インテリアコーディネーター 独学

 

ほんっとにね…

今思えば何やってんだ…って話なんですよ。

 

 
でもやってしまう人多いんです。

 

テキストで大事だなと思った部分をノートにきれいにまとめるやつね。

 

無駄です。

 

きれいにまとめたノートは自己満でしかありません。

 

POINT

ノートは過去問を解くために使う!!!

 

問題を深堀する

インテリアコーディネーター 独学

 

これはね~~

どういうことかというと…

 

 
たぶんみんな経験あると思う!

 

分からない問題を理解しようとして、その解説を読んでたらまたわからない単語に出くわしたりすることありませんか?

 

で、そのわからない単語も調べたりして、一つの問題を理解するだけにとんでもない時間をかけるやつね。

 

最初は分からない単語だらけだけど、そんなのきりがないくらい出てくるから、
全部処理してたら大変なことになります。

 

問題に慣れてきたら理解を深めるために少々深堀することも大切だけど、試験の流れを掴む前に深堀は必要ありません!

 

まずは問題の出され方と試験の流れに慣れること!

 

過去問を解いていると分かってくると思いますが、試験では毎年よく似た問題が出題されるんです。

 

そのよく似た問題をまずは理解していくことが試験合格への近道です!

 

深堀して無駄なものを頭に入れる必要はありません。

 

あなたが必死に覚えた単語は試験には出ないんです。

 

 
私は無駄なものを詰め込みすぎたんだよね…

 

理解できないときは潔く暗記する!

 

ここでみなさん疑問に思ったことがあるはず。

 

しっかり理解していない状態でいざ戦場で戦えるの?

 

これに関しては声を大にしてお伝えします。

 

インテリアコーディネーター【独学】頭に入れておくべきこと

インテリアコーディネーター 独学

 

インテリアコーディネーター試験の内容と、実際のインテリアコーディネーターの業務は異なります

 

 
多少はね、重なる部分もあるけどね!

 

もちろん実際に仕事をしていて

「あ!この単語あれだな!」

と思ったりすることもありますよ。

 

でもそんなの微々たるものです。

 

現役で働いている人がなぜ塾に通うのか?

インテリアコーディネーター 独学

 

ここに答えがあります。

 

インテリアコーディネーター試験の塾に、バリバリ現役で働いている方が通うのはなぜでしょうか?

 

1次試験の問題は実際に働いている人も知らないような問題ばかりが出るからです。

 

インテリアの歴史なんて分野も毎年必ず出題されますから。

そんなの普段仕事では学びませんよね。

 

追加で西洋インテリアの歴史だって出てきますよ。

 

 
勉強してるときカタカナだらけでつらかった…(笑)

 

インテリアコーディネーターの試験は、プロにとっても素人にとってもスタートは同じ

 

ここをしっかり頭に入れておいて下さい。

 

 
焦る必要はないんです♪

 

過去問をひたすら解くことが鍵

インテリアコーディネーター 独学

 

過去問を試験の直前まで解かなかった私は、本当に後悔しました。

 

過去問から学ばなかった私は、過去問の流れと内容を理解していなかった為、何も答えられなかったんです…。

 

テキストで学んだはずの内容も違う形で出題されたりするので、覚えていてもまったく答えられない状況でした。

 

 
まじで泣いたわ…

 

とにかく!

過去問をどれだけ解くかが合格の鍵ということです。

 

過去問をまだ買っていないという方は、書店にGO!!!

 

TOMATOがおすすめする過去問題集

 

↑この過去問はまじで買ったほうがいい!!

 

TOMATO

本屋さんにもあるよ!

 

けっこうすぐに売り切れちゃうから、インテリアコーディネーター試験を受けると決めたらすぐに買うことをおすすめします♪

 

ネット情報も載せておきますね。

 

 

過去4年分の過去問題を載せてくれているので、
「10年分くらいやりたい!」というやる気のある方は
年版をよ~く考えて買うと良いよ!

 

インテリアコーディネーター【独学】まとめ

インテリアコーディネーター 独学

 

独学上手に勉強できる方に向いていると個人的には思います。

 

当時、学生だった私は勉強方法もダメダメで、なんにも分かっていませんでした。

 

 
反省のみ。

 

私のような失敗をしてしまう方が少しでも減りますように。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

 

勉強頑張って下さいね!

 

 

Advertisement